■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■CATEGORIES■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

非情のライセンス 第1シリーズ #26
#26「兇悪の番外地」(1973年・S48・9月27日OA)

網走から出所したばかりの着流しやくざが警視庁にやってきた。名前は渋谷八郎(水原弘)、五年前に当時四課にいた会田(天知茂)があげた男である。すわお礼参りか?と色めき立つ周囲(とBGM)をよそに、二人は和気藹々とディスコで踊ったりおでん屋で「昭和ブルース」歌って飲んだり、親友のように再会を喜び合う。

金を貰うのも借りるのも嫌だという八郎は、ネタを買ってくれと会田に持ちかけた。大規模な賭場や武器密売などの情報を持ち込む八郎に、会田は“取材費”を渡しては領収書を矢部(山村聡)に回す。ただ、かつての愛人が若いツバメと一緒になったと知っても、結局慰謝料も取らずに彼らを許した八郎には、さほど金への執着はなさそうだった。

そんなある日、若い男たちに襲われていた眉子(菊容子)を助けた八郎は、彼女の豪邸に連れて行かれ、娘の無事より外聞を重んずる父親の大曽根(中条静夫)の尊大な態度を前に、自ら彫り物を晒して去る。ところが両親の振る舞いに激怒した眉子は家出、八郎のアパートに転がり込んだ。一方、娘が誘拐されたと警察に連絡した大曽根に会った会田は、犯人が八郎らしいと知り驚いて彼のアパートへ向かったのはいいが、眉子を帰らせるために八郎の兄貴分に扮して一芝居打つ羽目に。会田の新東宝仕込みの強姦魔ぶりとなすがままの八郎にすっかり嫌気がさした眉子は家に戻っていった。

その頃、解散した組の弟分で今は社長に収まっている万藤(北町嘉郎)が、八郎に接触。八郎はサツの情報屋ではないかと疑われ(実際その通りだが)、身の証を立てたいのなら会田をバラせと持ちかけられる。ドスで襲って失敗したら援護してくれと、ハジキで武装した万藤たちを待機させて会田を裏道に誘い込む八郎だったが、バラす気は毛頭なし。会田もまたあうんの呼吸で一味を逮捕した。

ところがただ一人逃走したチンピラの金次(山田喜芳)の手にかかり、八郎はパチンコ屋であえない最期を遂げるのだった(昭和ブルースは1番)

*「黒い花びら」「君こそわが命」(「忍びのテーマ」も好きだったなあ)の水原弘さんがゲスト出演。大変嬉しそうに忠犬ハチ公を演じていた。特に会田との臭すぎるやくざ芝居は出色。

*タイトルを「次回、異色のライセンス」と紹介した予告編では、サラシを巻いたいかにもなやくざスタイルの会田だったが、サラシが無くても十分に兇悪だった(いろいろと)。

*同じく予告編で二人で芸者遊びしてるシーンはカットされた模様(というか、素で宴会してたのか?)

| http://www.amachi.info/blog/index.php?e=572 |
| TVドラマ(現代劇)::非情のライセンス1 | 11:57 PM | comments (x) | trackback (x) |
非情のライセンス 第1シリーズ #25
#25「兇悪の書斎」(1973年・S48・9月20日OA)

倒産危機の真珠会社社長の宇野(浅野進治郎)が金融会社で猟銃を乱射、社長の潮田(東大二郎)を撃ってその場で自殺した。期限前に手形を流させるなどして会社乗っ取りを背後で画策したのが、矢部警視の死んだ友人の息子で弁護士の真谷(しんたに)吾郎(津川雅彦)だとみる会田(天知茂)は、罪を暴いて弁護士の資格を剥奪してやると本人に宣戦布告。

だが宇野未亡人は自ら真谷に持ちかけ株を処分しており、真谷は尻尾を掴ませない。宇野の息子・圭一(竜村直樹)は暴行事件を起こし2年前に家出、その被害者側の代理として真谷が関与していたことから、会田は真谷の法律事務所に忍び込み、その事件から調べなおす(が、尾行ともども真谷にもろバレ←ワザと証拠を残してたそうだが)。

圭一は茨城県の精神病院にいることが判明したが、暴行した女の幻覚を見て沼で溺死していた。会田は真谷家を訪ね、夫人の陽子(長内美那子)に宇野の息子の件を話す。暴行事件の被害者とは、陽子のことではないのか――。会田の読み通り、動揺する陽子。彼女が圭一に襲われるところを目撃していた真谷は、「女は自殺した」と嘘を言って圭一を家出させ、時折陽子の姿を見せることで彼を発狂に導いていたのだ。圭一が死んだ今、そのからくりを知るのは陽子一人。次に消されるのは陽子だと忠告する会田だが、真谷の母・さかえ(北原文枝)の妨害に遭い、陽子は真谷の電話に誘われて外出してしまう。

真谷は事務所のガス管を開き、室内にわざと置いた車のキーを陽子に取りに来させる電話をかけた上で自分はアリバイ作りのために帰宅。会田の糾弾に「私は法を犯してはいない」とうそぶく真谷は、母親をも「(親子の関係は)読み捨てた本と同じで、何の役にも立っちゃいないんだ」と切り捨てた。ショックを受けたさかえは会田と真谷がいる書斎の防火用扉を閉じ、仏壇に遺書を置いて毒薬入りのコップに手を伸ばす。おふくろに詫びろと真谷をボコ殴る会田だが、密室から出ることは不可能かと思われたとき、駆け付けた矢部(山村聡)がさかえを止めてくれたおかげで事なきを得た。

密室で母から受けたスパルタ教育がトラウマになっている真谷は、自分が自殺を強要したわけではない、母が勝手にやったことだと冷たい態度を崩さない。そこへ、幸いにも無事だった陽子(何の罪もない水道工事の2名がガス爆発に巻き込まれてはいる)が坂井(宮口二朗)に伴われて帰宅、「あなたは人の愛を信じられない可哀想な人です」と涙ながらに夫を迫る。それでも「妻の夫に対する不利益な証言は無効である」という法律を持ち出し、最後までふてぶてしい態度のまま、真谷は矢部の手錠を受けるのだった。

――法律を武器にしてきた男は、やがてその法律によって裁かれるだろう。
あの男の言うように、法律とは確かに、扱うものによっては恐ろしい武器になる。
そしてその壁には、人の愛のかけらさえ見当たらない。
俺は今更ながら、そんな法律の中に生きていることが、うんざりするほど嫌になっている。
……だが、俺はまた、明日も、俺の信ずる法律のために、命を懸ける。

(仏壇に手を合わせる矢部さん、泣くおふくろさん、気持ちが変わるまで義母と共に真谷を待つという陽子夫人、そして会田の渋い独白のバックに昭和ブルース4番)

*津川さん扮する人間失格エリート弁護士、夜泣きの半次@『女賭博師 花の切り札』に匹敵する嫌味っぷりがかえって潔い。

*いくらはみだし刑事だからってピッキングで不法侵入はいかんだろう、会田。

| http://www.amachi.info/blog/index.php?e=571 |
| TVドラマ(現代劇)::非情のライセンス1 | 11:56 PM | comments (x) | trackback (x) |
非情のライセンス 第1シリーズ #24
#24「兇悪の回路」(1973年・S48・9月13日OA)

――“ボンバー”が生きていた。
「キャリオカ」のママ・河村志津(村松英子)の付き合いで着物の新作発表会場にいた会田(天知茂)は、矢部警視(山村聡)からの電話に驚いた。
1年半前、あさま山荘6人目の男として浮上したその人物を追い、クラブ「るーかす」のママ・佳子(白石奈緒美)が女に化けた本人であると断定した瞬間、鉄パイプ爆弾を取り出し自爆したはずのボンバー。彼(女)はボンバーではなかったのだ。

「ボンバーは都内に潜入している」と言い残し、鉄パイプ爆弾の巻き添えで刑事が死亡した。どうやらボンバーは同志たちに、逮捕に来た刑事を道連れに自爆しろ、と命じているらしい。会田は喉を傷めて引退したという「るーかす」のトランペット奏者・根岸(地井武夫)を訪ね、当時のバーテン・滝本(広田正光)の居場所を聞く。田舎に籠った滝本は崖の上でいきなり会田に襲いかかり、弾みで落下して魔法瓶に仕込んであった爆弾で死亡。果たして彼がボンバーだったのか?

非番で再び志津とデート中、ジャズ喫茶のマスター・時岡(江幡高志)から「シカゴで根岸そっくりのペット奏者を見た」と聞かされた会田は、根岸の2人1役に気づく。ボンバーの肉声テープのバックに流れていたトランペット、それは根岸ではなく、彼の双子の兄弟の演奏だったのだ。

根岸=ボンバーを今度こそ確信した会田は彼のアパートへ出向き、トランペットを持って出てきた同志の京子(土井かつえ)を問い詰めるが、彼女は舌を噛み切り自殺。トランペットには爆弾が仕込まれていた。「自ら信ずるもののために、かくも見事に死んでいける人間がいたという事実に、私はたわいもなく感動させられてしまっているんですよ…」会田は、ボンバーが指導者として恥じない見事な自爆を遂げるなら、甘んじて道連れになると矢部に告げる。

矢部の心配り(「キャリオカ」での特別上等なディナー)を受け、翌朝、矢部や警官隊の見守る中、単身ボンバーのアパートへ乗り込む会田。

――おそらくボンバーは逮捕される瞬間、自爆するだろう。俺を道連れにして。
なのに俺は、むしろそれを望んでいる。
所詮俺は、死に場所を求めて生きてきた男なんだ。


「同じことなら、大勢の前で道連れにしてやる」そう言って外に出たボンバーだが、さあ殺せとばかりに無言で詰め寄る会田の迫力に気圧されたのか、爆弾トランペットを放り出して逃走。足を撃たれ「待て、撃つな、撃たないでくれ!」と泣き喚くボンバーの情けない様子に、恰好の死に場所を台無しにされて目が殺気立っている会田の銃を持つ手に力がこもる。しかし間一髪で矢部の止めが入った。それでも気持ちが収まらない会田の飛び蹴りやボコ殴りを受けたボンバーは、這いながら愛器に近づき、一人で自爆するのだった。
(目が虚ろな会田の肩にぐっと手を置いて励ます矢部さんのバックに昭和ブルース1番)

*「見くびって油断するなよ」「それは私に対するご忠告でしょうか、命を大切にしろという」「馬鹿、大事に使えばまだまだ当分はこきつかえると思ってるからだよ」だの、「カッコいいこと(前述の道連れ上等発言)言って。もうそろそろ俺にこきつかわれるのが厭になったんだろう」「もちろん。それが一番の理由ですよ」「この野郎!(笑い)」だの、「もっと怒鳴ってくださいよ。地獄へ行ってしまったら、そういう優しい声は、もう到底聞けないでしょうからね」「憎まれ口を叩きやがって。おめおめ生き残ったりしたら、ただじゃおかないからな」だの、会田と矢部さんの互いを思い遣りながらの大人のやり取りが印象的。しかし矢部さん、非番時でさえ居場所を把握してるとは、ほんとに会田が好きなんだな!

*クラブ「るーかす」で会田が接触したホステス・千草役に天地総子さん。「ベベ(=ブリジッド・バルドー)の足にも触ったことあるんだけど、君の足はそれ以上だな」「声だけはまるでヘップバーンみたいって言われるの」など、アマチつながりで軽妙トークを展開していた。

*伊村刑事(滝波錦司)という地味な同僚(?)が地味に登場。

| http://www.amachi.info/blog/index.php?e=570 |
| TVドラマ(現代劇)::非情のライセンス1 | 11:55 PM | comments (x) | trackback (x) |
非情のライセンス 第1シリーズ #23
#23「兇悪のシャンソン」(1973年・S48・9月6日OA)

坂井刑事(宮口二朗)と共に一課の応援にいやいや出向く途中、会田(天知茂)は前方の車から投げ出された女性(長谷川稀世)を救助、ショックで記憶を失った彼女を引き取ることになった。会田宅の絵画(ムンクの「春」)に興味を示し、フランス語が読めた彼女が口ずさんだ歌が、竜巻太郎(左とん平)が前の夜にクラブで聞いてきた“今パリで流行っている日本の歌”と同じだったことから、会田はそのクラブ「シャンソン」に出向く。

クラブで妖しく歌っていたのはサリー丸山(特別出演:美輪明宏)。冒頭から件の彼女をずっとマークしており、会田のマンションに彼女を狙った銃弾が撃ち込まれた際にもさりげなく現れたハンチングの妖しいオーラの青年に良く似ている(というか同一人物)。

いまだ記憶が戻らない女性は、自分が組織の人間で犯罪を手を染めているのではないか、それで会田に迷惑がかかる(嫌われる)のではないかとの恐れから、医師が勧めるショック療法に消極的だった。「あたしがどんなに酷い女だったとしても、怒らないで下さいますか…?」不安気な彼女に会田は、誰でも忘れたい過去はあるが、忘れる代わりにわざと思い出すようにしている、今日一日を精一杯生きるためにと励まし、ショック療法を受けることを決意させた。

一方、坂井がサリーから手渡されたライターは、偽作の疑いで捜索されたフランスの画廊のものと判明。その画商・吉谷(植田灯孝)はクラブ「シャンソン」のオーナーだった。そして記憶を完全に取り戻した女性・外川恵美は、自分がパリで絵を学んでおり、勉強のための模写が贋作に使われていると知って帰国したのだと会田に告白した。贋作売買がばれるのを恐れた吉谷が、クラブの支配人・丸岡(五味竜太郎)とその手下A・B・C(山口暁・桐島好夫・畠山麦)を使って恵美を消そうとしたのだ。

実はICPOのはぐれ刑事(本名・丸山明男←名は当て字)だったサリーの活躍もあって一味は無事逮捕。別れを悲しがる恵美を「あんたとおれは住む世界が違う」と宥めた会田は、サリーと共に証言のためパリへ発つ(そしておそらく二度と戻ってこないであろう)彼女を空港で見送るのだった。
(昭和ブルースは4番)

*特別出演の美輪さんは衣装も特別(協力:君島一郎オート・クチュール)。ドレス姿は見慣れているせいか、男の恰好が印象的だった。

*坂井さんは読めないけど原書での画集の蒐集が趣味らしい。

*恵美がフランス語を解せることに驚いていた会田だが、ライターの件をフランス語で現地に問い合わせていた会田にこそ驚いた。

*ライダーマンになる前の山口さんとキレンジャーになる前の麦さんが会田たちにどつかれてるのはちと複雑。

| http://www.amachi.info/blog/index.php?e=569 |
| TVドラマ(現代劇)::非情のライセンス1 | 11:53 PM | comments (x) | trackback (x) |
非情のライセンス 第1シリーズ #22
#22「兇悪の芽」(1973年・S48・8月30日OA)

逃亡を続ける金庫破りの四人組。会田(天知茂)はその中の一人、清水信治(佐々木剛)の恋人をマークする。信治は野中妙子(夏純子)に会うためだけに鑑別所を逃走した過去があり、今回も必ず接触を図ると踏んだのだ。

そのうち四人組は仲間割れして阿野(高品正弘)が死亡、信治が金を持ち逃げしたとの報せが入った。残りの二人の魔手が妙子にも迫っていることを警告する会田だが、社長令嬢で家出中という経歴を持つ“いまどきの女の子”の妙子は、おっさん(=会田)の言うことなどまるで聞こうとしない。信ちゃんに殺された人(襲われた警備員)は運が悪かった、大人たちが悪いんであって信ちゃんは悪くない! 悪びれずそう言い放つ妙子を「殺された人の遺族のことを考えたことがあるのか!」と会田は一喝した。

信治が牛乳配達に化けて妙子のアパートを訪ねた姿を、鈴木刑事(梅津栄)が目撃した。彼が遺したメモの内容について頑なに口を閉ざす妙子の部屋に泊まりこむ会田。朝こっそり出かけようとした妙子は会田に気づかれ、好きなようにしてとおもむろに服を脱ぎだした。信ちゃんが鑑別所を出たら好きなことをやって、そして二人で死のうと約束していた、誰にも迷惑かけないから見逃してと足に縋って泣く妙子。
「君たちには、火花を散らして一気に燃え尽きても悔いのない青春がある。だから…だから、許すわけにはいかない」
夢も希望も持てない世の中でも、その気持ちだけはいつまでも持ち続けろと諭す会田だが、やってきた仲間割れの二人組を鈴木と追ううちに妙子の姿は消えた。

だが会田には妙子の行き先が分かっていた。会田が付き合った際「二人でデートしたことがある」と彼女が呟いた遊園地(後楽園)の観覧車――果たして信治は現れた。妙子の家の運転手の息子で、彼女のためになさぬ仲の義母を刺したこともある彼は、今回も彼女との約束のために金を盗み、阿野が持ち逃げしようとしたので殺したのだと妙子に打ち明けた。観覧車の上で北海道へ行って散財する夢を語り合う二人。束の間の夢を見せてやった会田が降車後の二人に近づくが、彼らはさらにジェットコースターに飛び乗った。
――お願い刑事さん、信ちゃんを見逃して!
(無駄なあがきと知りながら絶叫する妙子に被って昭和ブルースは1番)

*実に味のあるセリフを放つほか、たこ焼きを買って張り込む会田、とか観覧車やコーヒーカップで回る会田、とか満員の園内で疾走する会田、とか見どころ(?)多し。こんなロケ見られていいなあ後楽園のちびっこたち。しかも逃げてるのは一文字隼人だ!

*見どころ、といえば夏さんの盲腸らしき傷跡がリアル(凝視してすみません)

*鈴木さんはドンチャックの中の人になって活躍。

| http://www.amachi.info/blog/index.php?e=568 |
| TVドラマ(現代劇)::非情のライセンス1 | 11:53 PM | comments (x) | trackback (x) |
非情のライセンス 第1シリーズ #21
#21「兇悪のメロディー」(1973年・S48・8月23日OA)

会田(天知茂)が尾行中だった、汚職容疑の一流商社の部長代理・佐田(永谷悟一)が自宅マンションのエレベーター内で刺殺された。一課にヤマをさらわれて面白くない会田だが、ちょうど犯人と鉢合わせたクラブのピアニスト・矢島伸子(佐藤友美)の証言により前科者の川辺昭雄(山下洵一郎)がスピード逮捕。事件は解決したかに見えたが、後日伸子が目撃証言を撤回、振り出しに戻ってしまう。

会田や橘(渡辺文雄)の読み通り、黒幕に脅されている伸子は身代わりでOLが刺されたことで余計に口を閉ざす。あくまで彼女から真実を引き出したい橘に対し、会田は川辺の釈放を要求。態度とは裏腹に会田に非常に甘い矢部が、捜査一課長(岡田英次)に自腹でフルコースをふるまってくれたおかげで川辺は釈放されることになった。

川辺を尾行して案の定すぐばれた会田だが、自宅マンションに連れ込みよろしくやっている(=張り倒している)最中、伸子からSOS電話が。その人を逃がしてくれという頼みを承知せざるを得なかったものの、伸子は自宅で無事、川辺は何も吐かぬまま殺されてしまう。

容疑者に死なれた橘は怒り心頭。責任を感じ辞表を提出する会田だが、矢部は「こんなものは特捜部には通用せん!」と破り捨て、自ら一課へ「部下のエラーは私の責任」と挨拶に出向く。その愛に打たれた(かどうかは不明だが)会田は再び伸子に接触、フランス留学が決まったと晴れやかにピアノに向かう伸子に、金を出したのは事件の黒幕だと詰め寄った。

これまでも身体で代償を支払ってきたという彼女は本性を現したように色仕掛けで迫ってくる。
「あたし、なんにも悪いことしてないのに」
うそぶく伸子に、あんたは殺しの黒幕と承知で金で買われた、汚いチャンスを自分で選んだんだと会田は一喝した。

会田に連れられて伸子は出頭。手柄を一課に譲った形だが、真摯に証言する彼女の姿に満足げな会田だった(昭和ブルースは4番)

*部長の会田愛が感じられる一作。本人の前では鷹揚に構えながら、陰でなにかと尽力している様子がたまりません部長。

| http://www.amachi.info/blog/index.php?e=567 |
| TVドラマ(現代劇)::非情のライセンス1 | 11:52 PM | comments (x) | trackback (x) |
非情のライセンス 第1シリーズ #20
#20「兇悪の正義」(1973年・S48・8月16日OA)

OPまるまる乱取りの相手をするくらい(そして仲良くシャワーを浴びるくらい)会田(天知茂)のお気に入り、捜査二課の谷川刑事(高城丈二)は長らく妹・秋子(磯村みどり)と二人暮らしだったが、この度ようやく妹に春が来た。フィアンセから送られたという豪華な指輪をつけて幸せそうな妹に、自分も5年来の恋人、令子(真木沙織)とゴールインできることに喜びを噛みしめていた。

一方の会田は、強盗犯人を生きたまま捕えてくれとの1万ドルの懸賞金付き事件に着手。心臓麻痺で死んだドイツの老婦人の指から消えた5百万のエメラルドの指輪が唯一の手掛かりだ、と会田から聞いた谷川は、その時点ではまさか妹の指輪がそうだとは思いもしなかった。

秋子のフィアンセ・羽山と名乗る男(村井国夫)は興信所の所員・柏木(小鹿敦)まで金で丸め込む結婚詐欺師で実は件の強盗犯。そうとも知らず秋子は身ごもった上に貯金をはたいてニセ羽山に貢ぐが、兄が警官だと知った途端に指輪を返せと破談を迫られショックを受ける。偶然その場を訪れた会田は、兄には告げるなと秋子に言い置いたが、それが裏目に出てしまい、彼女は自分でニセ羽山にけじめをつけるため、兄の拳銃を盗んで家出。ニセ羽山とその女の家で揉みあううちに銃が暴発、谷川と会田が駆け付けたときには秋子は冷たくなっていた。

怒りに燃えた谷川は、はとバスをハイジャックして逃げるニセ羽山を歩道橋からバスの天井に乗り移って追いかけ、絞め殺そうとする。そこへ乗り込んできた会田に止められると、今度は会田の拳銃を奪い発射する谷川。ニセ羽山は死んだ。会田は運転手に、撃ったのは自分だとの目撃証言を求める。
「わかってるよ、野暮は言わねえよ旦那。俺だって撃ってやろうと狙ってたんだ」
振り返るとなんと運転手は吉田刑事(多々良純)だった。

後日、(犯人死亡のため懸賞金はおじゃんだが)総監賞が出たという谷川と令子に食事に誘われた会田は、「こうして二人をみていると暑苦しくって食欲がなくなる」と断り、若い二人の門出を祝うのだった。

世の中に殺していい奴なんているはずはない。たとえどんな悪党であっても。
だが、こんな商売をやっていると、俺だって時には殺してやりたくなるんだ――。

(昭和ブルースは1番)

*九州弁のはとバス運転手、まるで別人だったのにそりゃないよ吉田さん(明智センセイですかあなたは)

*会田は柔道四段(谷川は三段)。

*「もう一歩も後へ引けない女の歳になってしまっているのよ!」な秋子は27歳。

*金で丸め込まれた興信所の柏木を殴る蹴るの会田。「暴力はひどいじゃないですかあ!」との訴えに後輩谷川「この人は特別なんだ!」そうでしょうとも。

| http://www.amachi.info/blog/index.php?e=566 |
| TVドラマ(現代劇)::非情のライセンス1 | 11:50 PM | comments (x) | trackback (x) |
非情のライセンス 第1シリーズ #18
#18「兇悪の里」(1973年・S48・8月2日OA)

どこか暗い宿命を感じさせる作品を生み出す彫金師・加賀城(かがじょう)真紀(北林早苗)と偶然知り合った会田(天知茂)は、先日ひき逃げされた置き引き犯・村越(三上剛)と同種の指輪を彼女の指に認めて驚いた。縄目模様のその指輪は、真紀の作だった。

元暴力団の幹部で、今は茶道の大家の副理事に収まっている黒沢(江見俊太郎)の鞄を置き引きしたことで消された村越。鞄の中に金づるになるものを見つけたらしい彼だが、その所在が分からないままで、事務局長の浅田(有馬昌彦)にカマをかけて逆に警察を呼ばれる始末の会田たち。だが村越は、肝心のものを真紀に郵送していた。

真紀の個展を成功させるため、金づるを利用しようとしたマネージャーのあずさ(桜井浩子)が殺され、真紀が消息を絶った。海外に出張中と偽る黒沢が、アリバイ成立中に彼女を消そうとしていることを突き止めた会田は、真紀の故郷・白川郷へ飛んだ。

地元で“疫病神”と忌み嫌われている真紀の所在について、姉・田鶴(菅原慎予)や父・久兵衛(清水一郎)は固く口を閉ざしたまま。黒沢の車は森の中に放置されており、真紀をマークしていた坂井刑事(宮口二朗)が谷に落ちて行方不明となった。真紀は実家に潜んでいること、7年前、ダム工事に来た現場主任(=村越)とデキて兄を谷に突き落したこと(実はもみ合ってるうちに誤って転落)などを、住民の一人・雲井(北真知史郎)が愛憎相半ばする口調で打ち明けたが、余所者を快く思わない他の住民たちは敵意を露わにして襲ってくる(のを投げ飛ばしまくる会田)。

会田の再度の訪問に折れた父親が、続く娘の不運(友達が身代わりで溺死とか、酔った兄が目の前で転落とか)を嘆いているうちに肝心の真紀が姿を消す。その彼女に迫る黒沢の魔手!…を投げ飛ばしボコ殴って阻止した会田は、吊り橋から身を投げようとする真紀に、あんたは同情を引こうとしているにすぎない、この美しい里を自分の血で汚すのかと詰った。

「人はみんな、自分の運命に逆らおうと、必死で生きてるんだ」

坂井は助けられて無事だった。そして黒沢の鞄に入っていた金づるは、真紀の作品に埋蔵されていることが判明。作品を壊すのが惜しい気がするという鈴木刑事(梅津栄)らに、「巧妙な犯罪ってのは、いつでも硬い、鉄の殻をかぶってるもんだ。そして、そいつを砕くのは俺たちの役目ってもんだ」と言う会田。

――あの女も、きっとそいつを壊して欲しいと望んでいる。暗い過去と一緒に。

(昭和ブルースは1番)

#16と同様、大三土地と荘川ビレッジ協力。そして同じく再びクラブで「人生」口笛バージョン。

*会田が家に帰ると人の気配。拳銃を構えてバッとドアを開けると「誰だ!」とお前こそ誰だな鈴木刑事(梅津栄)。「(会田)家宅侵入罪で逮捕するぞ?」「(鈴木)神妙にするから、勘弁しろや〜」と楽しそうな二人だった。

*十数年ぶりの伊右衛門VS直助(『東海道四谷怪談』)は、やはり伊右衛門の勝ち。

| http://www.amachi.info/blog/index.php?e=564 |
| TVドラマ(現代劇)::非情のライセンス1 | 11:48 PM | comments (x) | trackback (x) |
非情のライセンス 第1シリーズ #19
#19「兇悪の夢」(1973年・S48・8月9日OA)

上半身裸で朝刊を読んでいる会田(天知茂)の元へ、かつて四課時代に逮捕したことのある真崎組チンピラ・タケシ(根岸一正)が助けを求めて転がり込んできた。
「お、俺が殺したんじゃねえんだ!」
朝アパートで目覚めたら、ミツ子(松木聖)が青い顔で冷たくなっていたのだという。
前の晩、店内で覚醒剤が出回っているらしいと「キャリオカ」のママ・河村志津(村松英子)から聞いたバーで口論していたカップルが彼らだった。

新婚の太郎(左とん平)の車でアパートへと向かった会田たちだがミツ子の姿はなく、やがて錯乱し始めたタケシを病院へ連れていったところ、覚醒剤の中毒と判明。ヤクの出所とミツ子の所在を追うため、捜査四課長(神田隆)の元で真崎組の書類を調べる会田に、坂井(宮口二朗)が助力を申し出た。しかし坂井の目の前でタケシが病院から逃走。大会で1位になったほどの腕前ながら、なぜか銃の使用を戸惑う彼を、会田は「甘えるな」と突き放す。

タケシはミツ子と共に“心中死体”として発見された。矢部警視の姪で探偵事務所勤務の佐藤あかね(京春上)からミツ子の日記を受け取った会田は、ミツ子もヤクをやっていたこと、売人であるタケシに惚れ、心中相手に選んでいたことを知るが、彼らの死亡時刻は明らかに異なっていた。ミツ子と付き合いのあった男を探るうち、行き当たったのが挙動不審な医師の井沢(武藤英司)。真崎組の生き残り幹部・寺本の命で覚醒剤を用意していたのが井沢で、タケシはミツ子のためのヤクをチンピラたちに奪われて殺されたのだった。

そして井沢も消され、会田は真崎組残党のアジトを探るため、坂井にも銃を携行するよう命じるが、坂井はまだ迷っている様子。チンピラを吐かせて冒頭のバー・恵子(ママは津山洋子)に押し入った会田だが、面が割れていない幹部・寺本(中井啓輔)の思いがけない正体によりピンチに陥る。が、間一髪のところでナイスな射撃の腕前を発揮した坂井のおかげで事なきを得た。

国体でピストル撃ちに夢中になっている間に女房が友人と逃げてしまい、時々それを思い出すと、ピストルを持つのがいやになって…と打ち明ける坂井。しかし「辞めませんよ。会田さんの徹底した悪への憎しみ、そいつは僕の心の支えになりそうですよ」ときっぱり言い切った坂井に会田は笑顔を向けた(昭和ブルースは3番)

*タケシとミツ子の薄幸カップルがメインとはいえ、会田と坂井の友情(というか師弟関係)にうるっとくる話。この回を見た後だと余計に第2シリーズ#97の会田の取り乱しっぷりが胸に迫る。

*ミツ子の交際相手の一人として柳生博さん登場。

*部長の姪っ子・あかね探偵は準レギュラーになったり…はしないのだろうなあ。

| http://www.amachi.info/blog/index.php?e=565 |
| TVドラマ(現代劇)::非情のライセンス1 | 11:49 PM | comments (x) | trackback (x) |
非情のライセンス 第1シリーズ #17
#17「兇悪の友」(1973年・S48・7月26日OA)

陰湿なリンチの末に射殺された会社ゴロ・角塚茂(石垣守一)の事件を矢部警視(山村聰)から任された会田(天知茂)は、角塚の女だったクラブの歌手・水木夕起子(篠ヒロコ)に“角さん”の友人と偽り接触を開始、俺と組んで、角塚が強請るつもりだった会社から大金をせしめようと持ちかけた。

角塚発行の最新業界紙には、4文字名前の会社の仮面を剥ぐという暴露記事が載る予定だった。夕起子はそれが、自分がかつて勤めていた三竹商事だとあっさり推測。実は彼女は営業部長の越野(田口計)と通じており、会田の出方を探っていた。

該当記事のゲラだけが何者かに抜き取られて所在不明であることを伏せ、あたかも角塚から証拠を託されたように振る舞い越野を揺さぶる会田。死んだ角塚の筆跡で紹介状や封筒の宛先やらをエキスパートに偽造してもらう用意周到さで挑むが、越野は動じない。既に彼は角塚同様、市川俊男(森次晃嗣)に会田の抹殺を依頼していたのだ。

市川がその昔、窃盗・前科三犯の夕起子の父を射殺したことで拳銃使用規定違反に問われ、出世の道を閉ざされた現職刑事であることを鈴木刑事(梅津栄)の調査で知っていた会田は、夕起子の家にいたところを家宅侵入と強盗未遂で逮捕に来た市川に逆に手錠を掛けた。角塚殺しは夕起子の幸せを思うためでもあったと語り、観念したようにみえた市川だが、土壇場で情けが湧いた夕起子が後ろから会田を花瓶で殴り彼を逃す。

両手に手錠をかけられたまま、ベランダから階下に降りてタイヤを撃ち抜く会田のハードアクションに怖気づいたのか(推測)、足を滑らせ自らの弾で倒れた市川は、不明だったゲラの在り処を告げると息を引き取った。

三竹商事の悪事は明るみに出た。会田の後、市川の墓を訪れた夕起子は、詫びに来たのだと言った。
「あたし、どうしてあの人をあんなに憎まなければならなかったのか…」

「それが人間っていうやつの弱いところさ。…しかし、人間ってやつは、自分でその弱さに気がつけば、強く生きていくこともできる。今の俺が君に言えるのは、これだけだがね」
(昭和ブルース4番に被って名言を吐く会田でエンド)

*タイトルの「友」とは、会社ゴロの角塚との友人関係をでっちあげたことなんだろうか

*初めての店では一番安いウイスキー、が会田の主義

*篠ヒロコさんのクラブでの歌(「ベッドで煙草を吸わないで」「女の意地」)は吹き替えかどうか不明

| http://www.amachi.info/blog/index.php?e=563 |
| TVドラマ(現代劇)::非情のライセンス1 | 11:46 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑