■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■CATEGORIES■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

非情のライセンス 第3シリーズ #1
#177「兇悪の門出・赤ちゃんの顔が見たい!」(1980年・S55・5月1日OA)

組織の秘密を握った内閣調報官を殺したヤクザ・宮地健一(成瀬正)は捜査一課に追われて逃走中、割り込んできた車に渡りに舟と乗り込んだはいいが、サングラスの強面ドライバーは誰あろう、特捜の会田(天知茂)であった。

宮地を馴染みの珈琲店「エスプリ」のママ・しずえ(野川由美子)のマンションに匿った会田(自分も居候中らしい)は、彼が内閣調報官から奪った、暴力団資金ルートの全容を記したマイクロフィルムを自分に預けるよう持ちかけるのだが、宮地は再び逃げ出し、別れた妻・幸子(宮下順子)にロッカーのキーを託したところで、組織のヒットマンの手で射殺されてしまった。

宮地の子供を宿している幸子は、生まれ来る我が子に不自由させまいとつい欲を出し、用心棒と称してストーカーのように付き纏う会田を捨て駒に、京浜連合会(=ヤクザ)の会長・大河原一作(南原宏治)からフィルムと引き換えに5000万をせしめようとした。ところが逆に会田ともども消されそうになり、大河原を盾に反撃した会田の機転で事なきを得た(ただし会田は左肩負傷)。

彼女の行いを咎めず、橘“係長”(渡辺文雄)の追及にも沈黙を守った会田に、幸子の心は揺れる。加えて矢部警視(山村聡)から、彼が1年前に身重の妻をヤクザに殺されたという話を聞き改心、会田にフィルムを託そうとロッカーに向かう幸子。だが大河原の手下が放った爆弾で怪我を負い、流産してしまう。

憤る会田はフィルムをダシに大河原と部下の唐沢(石橋雅史)を呼び出し、乱闘の末に彼らを逮捕、5000万を病床の幸子に渡してやるのだった(昭和ブルースは新録1番)

*第2シリーズから3年、同キャストによるリメイク(「生きているヒーローたち-東映TVの30年」より)ということで登場した第3シリーズ。どうにも気恥ずかしいOPと長ったらしい副題から始まり、さほど重要味も無くひっくり返るパトカーとか、軽くてくどいBGMとかヘロヘロした新録ED曲とか、すべてに漂う80年代テイストのせいで、昭和の功罪を背負ってずっしり重かった以前のシリーズより兇悪の底が浅くなっている(それも味か)。

*ストーリーにしても、極端にいえば、会田をカッコよく見せるための状況作りがまずありき、で練られているような気がしないでもない。そんなお膳立てしなくても(あと、わざわざ会田だけこれでもかと映さなくても)十分カッコいいと思うんだけどなあ。嫁さんがヤクザに殺され云々、というベタな設定もなんだかなあだ(まあこの設定があるから幸子さんへの密着ガードの理由がつくわけだけども)。

*あと、役名が併記されないのが困りもの(今回は手持ちのシナリオから)。ちなみに橘さんの部下、横山刑事(北浦昭義)と佐々木刑事(北町嘉朗)はなぜか二人とも改名しているようだ(宇野刑事&柿内刑事)。

《下記は1980年5月1日 朝日新聞縮刷版『試写室』より引用》
男性ファン忘れるな
天知茂の演じる会田刑事、3年ぶり、3度目の登場である。舞台は、これまでの通り、警視庁特捜部という「はぐれ者」の吹きだまり。天知をはじめ、上司の山村聡、同僚の左とん平、捜査一課の渡辺文雄、となつかしい顔ぶれが並ぶ。ほかに、柳生博、角川博、野川由美子らも新たに加わった。3年の間に、会田は結婚したが、その新妻(上村香子)をヤクザに殺され、犯罪者への憎悪をつのらせるという設定になっている。
第1回は、暴力団の資金源を解明したマイクロフィルムをめぐる話。内閣調査官を殺し、これを奪った暴力団員(成瀬正)が、フィルムを隠したロッカーのキーを別れた妻(宮下順子)に渡したところで殺される。お腹の子供のため、女は、フィルムを暴力団の組長(南原宏治)に高く売り付けようとし、会田に同行を頼む。
天知の歌う「昭和ブルース」のメロディーとともに、前回、前々回とも安定した人気を得ていた。再放送も、視聴率はいい線をいっているようだが、その人気は天知ファンを中心とする茶の間の主婦が支えている、と制作側は分析。で、ドラマは、主婦に狙いを絞った設定、展開にしているという。確かに、悪はあくまで悪らしく、刑事は鋭く、タフで、男らしく描かれ、事件に絡む女性の扱いにも神経を使っている。が、この時間(*夜10時〜)の刑事ドラマとなれば、男性ファンも相当にいるはず。その辺を配慮した味つけが欲しい気もするが……。
原作・生島次郎、脚本・石松愛弘ほか、監督・永野靖忠ほか。26回連続。

*左肩を撃たれて白いポケチーフを紅く染めてる会田が南原さんに銃を突きつけてるシーンの写真つき。
*柱広告に「昭和ブルース 男の出番…… 再び、すべての悪に立ち向かうために――」というセリフ入りで兇悪な面相(たぶんOPの顔)で会田がいた。

【今回の会田ファッション】
非ライ3#1-1兇悪アイテムつき
非ライ3#1-2回想シーン
非ライ3#1-3病院にて
非ライ3#1-4いろいろ大きくなった係長さんと

| http://www.amachi.info/blog/index.php?e=170 |
| TVドラマ(現代劇)::非情のライセンス3 | 09:53 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑