■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■CATEGORIES■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

非情のライセンス 第3シリーズ #4
#180「兇悪の女医・ささやく鍵」(1980年・S55・5月22日OA)

病院で消えた末期ガンの主人を探してほしい、という女性・由紀(吉田日出子)の訴えに耳を傾けた会田(天知茂)は、浦川(左とん平)と共に問題の病院へ向かった。院長の田代ケイ(吉行和子)は自分が由紀の夫・木本孝雄(入川保則)の担当医だったと言うが、人ひとりが消えたというのに捜査願いも出していない。

不審に思った会田が密かにケイを尾行したところ、アパートに匿われている木本を発見。保険金しか頭にない妻といるより、好きなことをして遺された日々を過ごしたいという木本は、胸元から名前と血液型、病院の電話番号が刻まれた鍵を取り出し、これがあれば最後は病院に戻れる、この鍵が外れたときが私の死ぬときだ、と会田に語った。

「逃げることが、本当の意味で生きるっていうことになるとは思えない」ケイにそう言いつつも、それ以上の捜査を打ち切る会田だが、翌日、木本はビルから転落死。遺体の周辺に鍵は無かった。「あのあと奥さんが訪ねてみえたんです」ケイの言葉で、自分が由紀に尾行されていたことに会田は気づく(遅いよ!)。

木本の死は他殺だと断言する会田。調べを進めると、木本はケイの元夫・戸倉の死因の調査を探偵社に依頼していたことが分かった。末期の胃ガンを患っていた戸倉は死ぬ3日前にケイと離婚、彼が掛けていた保険金の受取人は、当時の愛人―由紀だったからだ。そして解剖の結果、木本はガンなど患っていないことが判明する。

彼女が戸倉の妻だと知らずにいた由紀に「あなたの夫はガンです」と思わず嘘をついたケイ。その嘘と、戸倉の死に関する重大秘密をネタに、ケイから金をせびり豪遊していた木本。妻に三行半を突きつけ、金づるのケイと再婚する気だった彼は、すべてを知らされた由紀に殺されたのだ。

木本の事務所の金庫で問題の鍵を使おうとした人物・由紀を、会田と浦川は捕らえた。だがその鍵は、ケイこそが欲していたもの。会田は何も言わずに鍵をケイに渡し、こん睡のまま由紀を呼び続ける夫を殺したのは私なの、と言いかける彼女を制した。あなたは自分の耳を塞いだだけなのだ、と。

会田は自分を見逃したのではない――。彼の真意を理解し、本当の意味で生きるため、病院を辞めたケイは地方の山村へ向かうのだった(昭和ブルースは新録1番)

*何かをささやく鍵を巡る男女の愛憎劇。人間関係の意外な絡みが堪能できた。入川さんにはすっかり騙されたなあ。さすがフェイク明智! ←番組違い

*しかし、旦那を殴り殺したのはともかく、それを屋上から投げ落とすってのは女ひとりでできることなんだろうか。おひでさん、おひょいさんに手伝ってもらったのか?←これも番組違い

*浦さんがヤキモチを焼く(?)ほどツーカーな会田と矢部さん。「会田が殺しというからには、殺しに間違いないよ」って部長、信頼しすぎ。

【今回の会田ファッション】
非ライ3#4-1群青?パープル?でぱりっと
非ライ3#4-2ネクタイも合ってます

| http://www.amachi.info/blog/index.php?e=168 |
| TVドラマ(現代劇)::非情のライセンス3 | 09:50 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑